eefaxdm.com
お申し込みはこちら
弊社の特徴
ご利用の流れと料金
価格について
よくある質問
活用事例集
成功のポイント
当社の体験談
通信販売 FAXDM事例集
FAXDM事例集申し込み
FAXDM申し込み
お問い合わせ


線
データサットロゴ

eetoyama.com
線

お問合わせ先

有限会社 データサット
〒930-0955
富山県富山市天正寺1083
カワカミビル602号 
TEL076-420-7677 
FAX076-420-7654




HOME >成功のポイント
成功のポイント

FAXDMを成功させるポイントはいくつかありますが、大きなポイントを簡単に説明します。
1)送信時間に注意する
平日の9時から17時までをめどに送信しましょう。
また月曜日や5日10日20日月末などは企業の事務が混み合っていますので送信は控えましょう。
また夜間、深夜、早朝などには絶対に送らないことです。
2)FAX番号の入手について
FAX番号はFAXDMの普及に伴い掲載頻度は大幅に減少しました。
しかし下記の方法で収集することはできますが、収集したFAX番号も2〜3年で30%程度は変わっています。ですから常にデータのクリーニングが必要です。FAX番号の変更率を下げるには、FAXDMの正しい使い方が求められています。

タウンページ
    NTTのタウンページに掲載されたFAX番号

新聞広告

    新聞広告に掲載されたFAX番号

業界名簿

    名簿業者、商工会議所の会員名簿に掲載されたFAX番号

テレマケーティング

    企業などに電話を掛けてFAX番号を聞きだす

営業マンが集めた名刺

    営業マンが名刺交換して集めた名刺は

自社既存顧客、休眠顧客リスト

    自社の顧客名簿

 
3)反応率の目標
FAXDMの反応率の目標を持ちましょう。
通常0.1〜1.0%程度です。
ターゲットを絞り、魅力的なオファーが提供できる場合は、5%を超えることがあります。
4)FAXDMの書き方

ターゲットの絞込みをしっかりとする
ターゲットを欲張らないこと

例 『社長様、営業責任者様、営業の方へのご案内です』ターゲットは2つの要素で絞り込みましょう
例 単に『部長様』より『売上を現状の1.5倍に伸ばしたいとお考えの営業部長様』の方が良い


魅力的な提案を心がける

お客様の視点で自画自賛にならないように注意。
キャッチコピーをつける。
引き続き本文を読んでもらうための重要な掴みです。
お客様の立場、お客様のメリットを前面に出すこと。

×・・『新機種のご案内』
○・・『携帯料金を50%に削減できるサービスがあります。
    まずは資料だけでもご覧になっていただけますか?』

ハードルの低い提案をする
有料より無料、カタログより特別レポートをプレゼント。

例 お客様のコスト削減に役立つノウハウをレポートにまとめました。
  これを無料で差し上げます。
  今すぐご返信ください。

レスポンス欄を付ける
FAXでそのまま返信がベストです。
お客様に電話を掛けてもらうのは大幅に反応率がダウンします
ホームページヘの誘導をメインにしない 
FAX番号は大きく書きましょう。

Copyright(c)2007 eefaxdm.com All Right Reserved.
HOME